吉祥寺の焼肉「肉山」を勝手に救済。

    2014/05/01


雪の日に肉山登り。

吹雪の中、
雪をかきわけ、かきわけ、
ついに肉山に登頂。

そこには肉好きの楽園があった!




5000円でこれでもかという赤身肉攻め!




シカ肉のスペアリブという脂攻めが一部あったが、あとは赤身だから、どれだけ食べてもへっちゃら。




最後はカレーで〆ました。kassieこと柏原光太郎




■プロフィール
柏原 光太郎 『東京いい店うまい店編集長』
1963年生まれ。1986慶應義塾大学卒業。
同年、株式会社 文藝春秋入社、「週刊文春」「文藝春秋」「オール讀物」編集部、文春文庫部長、出版プロモーション部長を経て現在、宣伝プロモーション局次長兼「東京いい店うまい店」編集長。


※こちらのコラムはフェースブックページ『外食産業を勝手に救済しよう!』の投稿から引用しております。
https://www.facebook.com/gaishokukyusai?fref=ts

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめコラム全てのコラムを見る

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!