池尻大橋の中華「喜臨軒」を勝手に救済。

    2014/05/12


池尻大橋の中華「喜臨軒」を勝手に救済。


銀座の福臨門の立ち上げにいた支配人が開いた横浜の金臨門粤菜酒家で修業と聞いて、期待値がビビッとあがってさっそく訪問。


カウンターとテーブルというレイアウトは今風。
小さい店だから流行の四川料理もあるが、
オーソドックスな料理をあれこれ注文。


どれも火入れが的確で美味。
グランドメニューだけじゃ、実力はわからないので、今度宴会やりたいね。







■プロフィール
柏原 光太郎 『東京いい店うまい店編集長』
1963年生まれ。1986慶應義塾大学卒業。
同年、株式会社 文藝春秋入社、「週刊文春」「文藝春秋」「オール讀物」編集部、文春文庫部長、出版プロモーション部長を経て現在、宣伝プロモーション局次長兼「東京いい店うまい店」編集長。


※こちらのコラムはフェースブックページ『外食産業を勝手に救済しよう!』の投稿から引用しております。
https://www.facebook.com/gaishokukyusai?fref=ts

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめコラム全てのコラムを見る

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!