築地の中華「歩歩路」を勝手に救済。

    2014/05/15


築地の中華「歩歩路」を勝手に救済。


中華三連発だが、今度は上海「WAKIYA」出身。
開店直後にずいぶん訪れ、その後、ご無沙汰だったが、ひさしぶりに来たら、ダイナミックな料理になって嬉しい。


美しい盛り付けは変わらないが、形にとらわれず、美味しさ第一の料理になった。

なにか吹っ切れたものがあったのかな。

以前は空席も目立ったが、この日は満席。客が店を育てているのかもしれない。











■プロフィール
柏原 光太郎 『東京いい店うまい店編集長』
1963年生まれ。1986慶應義塾大学卒業。
同年、株式会社 文藝春秋入社、「週刊文春」「文藝春秋」「オール讀物」編集部、文春文庫部長、出版プロモーション部長を経て現在、宣伝プロモーション局次長兼「東京いい店うまい店」編集長。


※こちらのコラムはフェースブックページ『外食産業を勝手に救済しよう!』の投稿から引用しております。
https://www.facebook.com/gaishokukyusai?fref=ts

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめコラム全てのコラムを見る

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!