青山の鮨「ます田」を勝手に救済。

    2014/06/27


青山の鮨「ます田」を勝手に救済。


マッキーが開店日に出かけ、ポストしていたので、きっと繁盛していると思い、一か月後に訪れたら「今日は貸切ですので、ゆったりどうぞ」との言葉に拍子抜け。

あの「すきやばし次郎」でみっちり修業し、青山に開店、みんなきっと混んでいると思って敬遠してるんじゃないかな。

本人もそろそろ心細くなってきているみたい。

次郎さんの鮨を思い浮かべていくとちょっと違うけど、それは増田さんが握っているから当然で、「ます田流」の完成を願って勝手に救済を。










■プロフィール
柏原 光太郎 『東京いい店うまい店編集長』
1963年生まれ。1986慶應義塾大学卒業。
同年、株式会社 文藝春秋入社、「週刊文春」「文藝春秋」「オール讀物」編集部、文春文庫部長、出版プロモーション部長を経て現在、宣伝プロモーション局次長兼「東京いい店うまい店」編集長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめコラム全てのコラムを見る

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!