【老舗の名店!安定した肉質のすき焼き!】

    2015/1/6


誰しもが食べた事があるであろう「すき焼き」。
そもそも、すき焼きの語源とは?

明確には解明されていないが、以下の3つがすき焼きのルーツと言われている。


1.『杉焼き』杉の箱に入れて肉を味噌煮にする。
2.『鋤焼き』鋤を火にかざして調理する焼き料理。
3.『剥き焼き』すき身のお肉を使った料理。
※「マッキー牧元著書(2014) 間違いだらけの鍋奉行 講談社出版」より引用。
紹介テリヤキスト: マッキー牧元

そんなすき焼きを提供する「今半」の、老舗ならではの安定した美味しさの魅力をご紹介。


全国から選りすぐりの肉を仕入れており、言わずと知れた松坂肉などの著名なブランド肉に固執せず、品質を軸とした肉を提供しているお店である。

したがって、時期や季節にかかわらず間違いなくいつもおいしい上質な肉が食べられるお店だ。

1階には鉄板焼きステーキ、2階ではすき焼き・しゃぶしゃぶ・日本料理を食べる事が出できる。

今回は、2階の座敷にてすき焼きを注文。


・肉質抜群!3種類のお肉!

1枚目は鳥取県田村牛。
2014年度のチャンピオンの肉。
店員さん曰く、最高級のさらに上のお肉とか。
ひと口目で心を持って行かれるほど、うまい!

2枚目は今半定番の徳島県から入手した極上肉。
ほろほろと肉の繊維がほどけていくのがなんとも言えない食感だ。

そして3枚目は、鹿児島熟成肉。
熟成肉ならではの独特の風味がたまらない。

付け合わせの野菜も京野菜を中心としたこだわり抜かれた新鮮な野菜たち。




・すき焼きに対するこだわり
ここで使用されている鍋はオリジナルの、“今半”の刻印のある南部鉄すき焼き鍋を使用している。

一般に使用されているすき焼き鍋と比べると、鍋の縁が広がっているため箸が入りやすいのが特徴。

お肉をひっくり返しやすくするためにこの鍋を使用している。



・すき焼きはすべて店員さんが調理
肉の火加減は、強すぎず弱すぎずといった絶妙なところ。
ここのお店ではすべて店員さんが調理してくれる。





・美味しい卵
本日、御殿場でとれた朝取りたまごを使用。
生卵の新鮮さに感服。ぷるんっと音を立てるかのような弾力にお箸で切り込みを入れると、瞬く間に濃厚な黄身がトロトロと溢れ出てくる。



・最後は、すき焼き汁!卵とじご飯!
昔は裏メニューでリクエストされないとこの料理を出していなかったが、現在は最後に出てくる締めの定番料理となっている。
極上の肉汁に野菜や新鮮卵、全てが混じり合ったすき焼き汁とほかほかご飯との相性がこれまた抜群!





店名:人形町 今半
住所: 東京都中央区日本橋人形町2-9-12
TEL: 03-3666-7006
営業時間: 11:00〜22:00
定休日:元旦休業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめコラム全てのコラムを見る

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!