【旨辛!大人の麻婆豆腐。厳選4店舗】

    2015/3/17


辛いものといえば、様々あるがやはり中でも四川料理。
中国の4大料理の中でも、とびきり辛い。

誰もが知る四川料理の代表格ともいえる麻婆豆腐の辛さは、そもそもどのようにして作り出されているのか、ご存知でしょうか?
辛さの根源は、唐辛子の辛さである「辣味(ラーウェイ)」と花椒の痺れるような辛さである「麻味(マーウェイ)」が特徴。

肉、豆腐、辣味、麻味等々のバランスを上手に調整することで引き出される、本当に美味しい辛さを味わう事のできる厳選4店舗をご紹介。

気分を盛り上げたい、旨さの刺激を感じたい、そんな時にはぜひともお勧めたい麻婆豆腐たち。
辛さで心をカラっと晴らそう!


1.蜀郷香(シュウシャンシャン)
麻婆豆腐


中華料理店では珍しくとてもシンプルな外観。
入り口からひとたび足を踏み入れると、そこには落ち着いた雰囲気の漂う店内。
中華料理といえば、麻婆豆腐だろう。
ディナーでは、コースが2種類のみ。もしくは、シェフへのお任せコースだ。
どちらのコースにも麻婆豆腐はついてくる。

辛さが苦手な人は、辛さのレベルをあらかじめ伝えておけば、希望の辛さを食べれる。

海老のチリソース


いわゆる、エビチリだ。
大粒のエビで、ぷりぷりな触感とピリッとした辛さが特徴的。真っ赤に染まる香辛料が視覚的にも挑発してくる。ご飯が進むこと間違いなし。

店名:蜀郷香(シュウシャンシャン)
住所:160-0006
東京都新宿区舟町5-25 TSI FUNAMACHI 2F
TEL:03-3356-0818
営業時間:[昼]12:00-14:00(土日祝のみ) L.O 13:30
[火-日]18:00-22:00 L.O 21:30
定休日:月 不定休で月1,2回休みあり


2.四川料理 巴蜀
山椒が効きまくりの激辛麻婆豆腐


福岡空港から車で15分。
住宅地の多い東月隈で、その中華料理屋がひっそりとたたずむ。
店内は赤を基調に装飾されている。巴蜀とは、中国四川省の地方名。
まさに、本場の四川料理の味を連想させる。

こちらのお店の麻婆豆腐は、山椒がたっぷりとかかった刺激の強い一品。
旨さの刺激を味わいたい時には是非とも訪れて頂きたい。
周囲に住宅街が多いためか、価格も懐にやさしい。運動会やホームパーティにも利用されるとのこと。

店名:四川料理 巴蜀
住所:812-0854福岡県福岡市博多区東月隈4-2-11 3
TEL: 092-503-8849
営業時間:[昼]11:30-14:00 [夜]17:00-21:00(21:30閉店)
[土日祝]11:30-14:00 17:00-21:00(入店は20:30まで)
定休日:火,第3水曜


3.麻布長江 香福筵(コウフクエン)

麻婆豆腐


表構えに重厚さが漂う。
内観は、黄色のテーブルクロスの乗ったお洒落な中華料理店。
なんといってもこちらのお店の特徴は、四川の天然の調味料「酒醸」を使用していること。
食材も日本各地の良いものだけを厳選し、あしらっているものばかり。
そのため、麻婆豆腐は、四川原産の唐辛子・花椒・香料を贅沢に使った一品。
麻婆豆腐がとにかく辛い。が、たしかに旨い。

店名:麻布長江 香福筵(コウフクエン)
住所:東京都港区西麻布1-13-14
TEL:03-3796-7835
営業時間:[火-金]11:30-14:30(L.O14:30)/18:00-23:00(L.O 22:00)
[土日祝]12:00-14:30(L.O 14:30)/18:00-23:00(L.O 22:00)
定休日:月(祝日の場合翌日休み)


4.本格四川料理長楽(チョウラク)
暴力的な辛・麻の麻婆豆腐



黄色い看板が目印のお店。
四川の唐辛子を使った本格的麻婆豆腐。見ても食べても辛い。
まさに「暴力的」といえよう。
ひとたび口に入れようものなら、、、、悶絶。
一度は必ず食べて頂きたい。

長楽では、他にも紅油餃子。水餃子にラー油をかけたもの。
季節の餃子といった種類豊富な料理を選べる。
辛さを求めるのなら、ぜひこちらのお店で。

店名:本格四川料理長楽(チョウラク)
住所:福岡県福岡市中央区春吉3-22-12 今村ビル 1F
TEL:092-751-5367
営業時間:18:00-翌3:00(L.O.翌3:00)
定休日:不定休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめコラム全てのコラムを見る

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!