園山 真希絵

園山 真希絵
食作家・「そのやま」店主

高ウマ

秀肉御殿。

よろにく 東京都

焼き肉・韓国料理

キュレーターコメント

肉伝説を生み出してきた極み焼肉の名店中の名店。 一枚一枚、ゲストの目の前で丁寧に調理される牛肉は、どれもいちいち感嘆の雄叫びをあげてしまうほど。ニクい名物メニューが揃う中、特筆すべき2肉が「シルクロース・オンザライス」と「シャトーブリアンのカツ」。 前者は、読んで字の如く、シルクのようなサシの入ったロースを焼き、しっかりタレと絡めたら、一口大のご飯にのせて包み込んで食べるスタイル。これ、今では色んな焼肉店で提供されているが、『よろにく』が本家本元。他店に怯むことも埋もれることもなく、自信に満ちたプレミアム感満載。 後者は、低音の網でじーっくり焼かれた極大塊肉が、薄く衣を纏い、堂々たる姿と味わいで登場する。限りなくレアに近いが、しっかり熱が加わり、見事なまでに絶妙な火入れ。さすがお肉を音楽のように巧みに扱うまさに焼肉界のDJ店主。 が、驚くべき逸品は、お肉だけではない。極シンプルな「阿波の手延べ素麺」は、散々、よろにくビーフストーリーの感激の嵐をくらっても、胃袋も心も素直にギュゥッと掴まれた。食べた人のみぞ知る素麺である。また、〆には是非「カキ氷(ほうじ茶・しろくま)」を。見た目は巨大だが、スイスイお腹に歓迎される。それにしても、相当量を食べても、翌朝、体が軽い。焼肉屋で括るのはもったいないほどのレストランであること間違いなし。 また、、、さらにドキッとさせられた事実が…。店主の桑原氏曰く、「エアコン調整も大事で、エアコンにも付きっ切りなんですよ」と。お肉だけに付きっ切りなのかと思いきや、まさかエアコンまで目が離せないとは…。 でも、だからこそ、今の人気が衰えを知らないんだろう。学ぶべき点の多い『よろにく』さん、これからもよろし(に)くお願い致します。

店舗情報

よろにく

焼き肉・韓国料理 東京都港区南青山6-6-22 ルナロッサB1F
平均予算

¥10,000~

営業時間

[平日] 18:00-24:00(L.O.23:00) [土]17:00-24:00(L.O.23:00) [日・祝日]17:00-23:00(L.O.22:00)

定休日 なし
リンク http://bit.ly/1vpvLWj
Facebookページ http://bit.ly/1TxZ3tN
電話番号 0334984629
経路案内 車での道順 電車での道順 徒歩での道順
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!