谷 浩志

谷 浩志
ストリートメディア㈱取締役、日本旅行作家協会会員 

高ウマ

うまい魚が、そして鮨が食べたくなったら、まよわず此処

第三春美鮨 東京都

寿司

キュレーターコメント

本当に旨いものが食べたくなったらここに来る。「長山一夫劇場」がそこにある・・ カウンターに座ると各席に「本日の魚と産地」と書いた手書きの紙がおいてある。 その中から、客との阿吽の呼吸で、刺身、鮨へとすすむ。 この日(写真)の一皿目は、まずは真子鰈(気仙沼、釣り)、とり貝(愛知県吉良、底引き網漁)、鰹の土佐つくり(千葉県銚子、巻き網漁・備長炭炙り)といったように、旨さを味わいながら、その魚貝の、産地、漁法、熟成日数などを頭でも「確認」しながらいただく。その間に生まれる長山さんとの会話も楽しい。 さらに、天然シマアジ(三重県和具、定置網、浜締)、黒鮑(千葉県鴨川、素潜り漁)とすすんだ。 皿や手記も全て長山さんの焼いた『作品』でもある。 海苔も「アサクサノリ種」をなんとか残そうと今は、佐賀から特性新海苔をとりよせ、備長炭で炙ったもので、イクラの軍艦巻きなど、香りのコラボレーションだけでも充分に感動ものだ。

店舗情報

第三春美鮨

寿司 東京都港区新橋1-17-7
平均予算

[昼]¥10,000~ [夜]¥20,000~

営業時間

[昼]11:30~13:30 [夜]17:30~22:30(L.O.22:00)

定休日 土曜・日曜・祝日
リンク http://bit.ly/1CrLgPy
電話番号 0335014622
経路案内 車での道順 電車での道順 徒歩での道順
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!