夏の松茸 早松(さまつ)の握りを堪能! 古き良き江戸前鮨「宇廼丸山崎屋」

  • by 田澤 久 / 56562Point
  • title

    title

    シェア:

宇廼丸山崎屋さんを紹介します。

紹介制のお店なので、誰かに紹介してもらう必要がありますが、私はダイナースのコンシェルジュデスクから予約をしてもらって予約可能でした。
赤坂にお寺があるのですが、その境内に入っていって右に折れる道を行くと、正面に隠れ家的な佇まいの宇廼丸山崎屋さんがあります。店内は10席未満程度の席数ですが、広くてゆったりしています。白木の素敵なカウンターに、かわいい大将が一人で江戸前鮨をさばいています。

1

この夏イチはこれ! 早松(さまつ)の松茸握り!

この夏イチはこれ! 早松(さまつ)の松茸握り!

7月終わりのこの時期に松茸!? 大将曰く、この時期に一度松茸が出るそうで、それを早松(さまつ)の松茸というそうです。その後、いったん落ち着いて、秋になったら出てくるとか。和食に携わっている友人も「確かに築地に並んでます」とのこと。

香りは確かに秋の方が豊かですが、歯ごたえ、喉越しがスッキリとしていて良いんですよねぇ。単純にこの時期に松茸が食べられるというサプライズもあるのですが、そのサプライズを超えてくる驚きがありました。

2

マグロのミンチに青唐辛子のアクセントがにくい!

マグロのミンチに青唐辛子のアクセントがにくい!

握りの前に出てくるおつまみも、もうどれを取っても秀逸。
その中でも、このマグロのミンチに青唐辛子を乗せたつまみが、日本酒に合うんだよなぁ。マグロの赤身と脂が、良い具合にミンチで相まって、そこに青唐辛子のアクセント、それを冷酒で流し込むと、、もうそれは至福の時間が流れます。

当然、そのまま握っても全く遜色の無いマグロを、惜しみも無くおつまみにしてくれます。握りのスタートがマグロからなのですが、このおつまみとの相性も最高です。

3

軍艦じゃない雲丹の握り

軍艦じゃない雲丹の握り

大将が「今日は雲丹に合う納得のいく海苔がなくてねぇ、すいません」と言って出してくれたのは、軍艦ではない雲丹の握り。これがまた、シャリとの具合もあって、口の中に入れると、フワッ、トロっと溶けてしまいます。なんか一瞬の出来事に、もっと楽しんでいたかったのに!!と言いたくなるくらい。

その想いが切れずに、おかわりをしちゃいました(笑)。おかわりの時でも、その食感、至福感は、そこなうことなく、初めと同じ感動を味わえました。

4

江戸前の〆は、トロ牛蒡(ごぼう)の巻物

江戸前の〆は、トロ牛蒡(ごぼう)の巻物

〆で頂いたのは、トロ牛蒡の巻物です。トロのやわらか甘い食感と、牛蒡のシャキシャキした食感、そこに海苔の香りがのって、、、江戸前鮨の〆と言ったら、やっぱり海苔巻きですよね。
それで、お茶を頂く。何回も言っちゃいますが、至福の時です。大将が「牛蒡に合わせた醤油で味をつけてあるから」と、細かい仕事もしてくれます。

お鮨を頂いていると、本当に日本人で良かったと感じます。こんな美味しいものを発明してくれたご先祖様たちに感謝感謝です。

早松の松茸は、かなり時期が限定だと思いますので、お急ぎ下さい! 本当に食する価値ありです。
赤坂には、多くの飲食があり、隠れ家も多いのですが、こちらのお店は静かで、雰囲気があって、大将は良い人で本当に良いお店です。
隠れ家的な雰囲気も、誰かをご招待すれば、あなたの株が上がること請け合いです。是非、伺ってみてください!

店名:宇廼丸山崎屋
住所:東京都港区赤坂4-3-5
TEL:03-3505-2123
営業時間:18:00〜22:00
定休日:日曜・月曜

  • title
  • 田澤 久

    今は、赤坂を中心に食べ歩きをしています。 Facebook で "赤坂うまいもん倶楽部" というコミュニティーを主催していますので、興味のある方は、是非ご覧になって...

  • 合計Point: 380248
  • title

    title

田澤 久のTERIYAKIコラム全てのコラムを見る

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!