シャレ・うま・リーズナブル!な4店〜恵比寿・西麻布編〜

  • by 岸本 圭介(キシモト ケイスケ) / 37070Point
  • title

    title

    シェア:

みなさん、TERIYAKI使ってウマいもの食べてますか?岸本圭介です。
12月、1月って何かとお食事会や飲み会が多いシーズンですが、選ぶなら、うまいのはもちろんのこと、オシャレで、リーズナブルなお店だと良いなぁと思いませんか?今回はそれにマッチするお店を4店舗ご紹介します!エリアは恵比寿、広尾です。

1

NIKUAZABU(ニクアザブ):バーカウンター焼肉!

NIKUAZABU(ニクアザブ):バーカウンター焼肉!

西麻布交差点近くにある、シャレ・ウマ・リーズナブルな焼肉屋さん。店内はカジュアルで使いやすい。バーのようなカウンター席はデート向き(イメージ)、テーブル席は数人でワイワイと使える(ボクはこっち)。
メニューも、写真の牛フィレ雪崩焼のように、見応え・食べ応え抜群のものが多く、非常に楽しい。焼いてる間、会話は止まり、みんな肉を凝視してしまう…仕方ない。そして、それをTKG(卵かけご飯)とキムチを合わせてお願いします。

2

博多水炊きもつ鍋 亀吉:隠れ家カウンターもつ鍋!

博多水炊きもつ鍋 亀吉:隠れ家カウンターもつ鍋!

西麻布の住宅街にひっそり佇む、もつ鍋屋さん。ボクは生まれて初めて、もつ鍋を食すために、タクシーを利用した。まずは、もつ鍋までの一品料理がどれもうまい。甘辛ダレがたまらないホルモンの唐揚げ、ピリッと辛さの効いた明太子、ちゃんぽん麺をパリっと焼いたのが良い焼きそば…ビールにハイボールがグイグイ進む。
そして、カウンターの向こう側では、もつ鍋ができあがっていく。この眺めがたまらない。そんな、お待ちかねのもつ鍋は、この日は味噌仕立て。味は上品めで、お出汁もしっかり飲めて、ウマい。〆にはちゃんぽん麺again…やってしまった。いっぱい食べたから、帰りは広尾駅まで歩こう。

3

Baru Comodo(バル コモド):カウンターバル!

Baru Comodo(バル コモド):カウンターバル!

仕事帰りに同僚や友人を、恵比寿のこういう店にスマートに連れて行ける男子になりたいなぁ。それはさておき、どういう店かというと、入りやすいのに、店内の雰囲気も良く、ウマい肉と魚とワインがリーズナブルに楽しめるバルなのである!まずは、函館直送鮮魚のカルパッチョやアヒージョをつまみながら、白ワイン。食がうまいと会話もドンドン弾む。
そして、メインの阿波牛ステーキ(ビステッカ)と赤ワインがくる頃には、テンションは最高潮。炭火焼なので、香ばしく食べ応えも十分。そうしているうちに時間は勝手に進んでいくのだが、安心してください、朝5時までやってます。

4

オステリア アガぺ:恵比寿隠れ家イタリアン!

オステリア アガぺ:恵比寿隠れ家イタリアン!

恵比寿駅より、恵比寿銀座を抜けて少し歩いたところにある、隠れ家イタリアン。どこか大人っぽくも、ワイン片手にお喋りが弾む店である。まずは、「フルーツトマトとリコッタチーズのカプリ」がオススメトマトの甘酸っぱさに、チーズのまろやかさが見事にマッチ。
メインは「霜降り豚の炭火焼」が良かった。見事な焼き加減で、柔らかく甘い。ぜひ、ワインと一緒に。そして、〆は激辛アラビアータが盛り上がる!確かに辛いが、トマトソースが、ちゃんとウマいので、後を引く。(もちろん、辛さ調整してくれます)

お店の方々も素敵で、大人なあの人を連れてきても
きっと満足できるお店であろう。

いかがでしたでしょうか?これを見て、行きたい!と思っていただけると嬉しいです。恵比寿や西麻布って、ウマいお店多いですよね。ただ、その中でも、今回ご紹介したお店は、本当にコスパが良く、僕のようなサラリーマンにも嬉しいお店でもあります。(値段は一人4,000〜5,000円くらい)そして、カウンター席が楽しいお店でもありますので、お二人で行かれる際には、オススメです。以上、最後まで読んでいただき、有難うございました。
それでは、また!

  • title
  • 岸本 圭介(キシモト ケイスケ)

    生年:1985年 住処:大阪府出身→東京都在住 属性:IT関連企業→広告代理店の人(+個人のお仕事複数) 幸福:美味しい食に出会えたときに感じます。(そして隣に...

  • 合計Point: 1084039
  • title

    title

岸本 圭介(キシモト ケイスケ)のTERIYAKIコラム全てのコラムを見る

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!