金沢で、ランチ寿司でもいかがでしょう!?〜鮨 歴々〜

  • by 岸本 圭介(キシモト ケイスケ) / 30217Point
  • title

    title

    シェア:

皆さん、TERIYAKI使ってウマいもの食べてますか?岸本圭介です。

今回は金沢にある、TERIYAKI掲載店「鮨 歴々」さんのご紹介です。

昨年、北陸新幹線も開通し、観光地として更なる盛り上がりを見せている、金沢。
グルメも豊富で、旅行した際には、いろいろお店選びには困るかと思います。
そこで、ランチにお寿司はいかがでしょう?

金沢駅から徒歩15分程度。このお店は近江町市場(金沢旅行で定番!?)の中にあります。
金沢の有名店「みつ川」の姉妹店で、少しカジュアルめです。

私は休日時にランチ利用し、
「造り、握り8カン、手巻き、汁物」がついて4,000円くらいでした。

1

握り〜なかなか出会えないネタ、そして上品〜

握り〜なかなか出会えないネタ、そして上品〜

握りは8カンで、
穴子、鮪漬け、中トロ、こはだ、ヤリイカ、バイ貝、ガスエビ、平目の昆布締め
をいただいた。

どれも、手が込んでいて、実に上品な握りだった。
印象深かったのは、

ヤリイカ:細く切ったイカを纏めて握っていて、食べ易い。更に胡麻が入っていて、これが合う。
煮穴子:柔らかく、タレの甘さが丁度良い。
バイ貝、ガスエビ:この地ならではのネタ。ガスエビはトロっとした舌触りに、甘くてウマい。

また、全ての握りに、醤油や塩が塗られており、江戸前風であった。

2

お造り〜握りの前に、まずは〜

お造り〜握りの前に、まずは〜

握りの前に、綺麗な器に盛られた、造りが出てくる。

この日は、
ヒラマサ、石鯛、しめ鯖
をいただいた。金沢だから、少し甘めのお醤油が印象的。

ヒラマサ:ブリに似ているが、少しあっさり目のお味。
石鯛:身が引き締まってて、ウマい。
しめ鯖:脂がのってて、とても良い。

また、私が大好きなミョウガが添えられていて、
特にしめ鯖との相性が抜群。

昼だから、迷ったが、、
結局、我慢できずに、日本酒を頼んでしまった。
チビチビ飲みながら、握りを待とう。

3

巻物〜のど黒の炙りと海苔の香りがたまらない〜

巻物〜のど黒の炙りと海苔の香りがたまらない〜

握りの後に、巻物が一本出てくる。

金沢といったら、「のど黒」
それを炙って、香ばしい海苔とともに巻物にしたものが出てくる。

確か、中に「レンコン(加賀野菜)、わさび」が入っていて、
これが、いいアクセントになっている。
のど黒も香ばしくて良い。
ぜひ、豪快にガブガブっとかぶりつこう。

金沢に来たからには、のど黒食べたいと思っていたが、
これで満足した。

これに、汁物(この日は海苔汁)がついて終了。
ご馳走様でした。

4

門構え〜近江町市場内にありながら、落ち着いた佇まい〜

門構え〜近江町市場内にありながら、落ち着いた佇まい〜

近江町市場内なので、周りは賑やか。
その中に、落ち着いた佇まいの門構えで迎えてくれる。

カジュアルなお店とは言ったが、
外観のみならず、中も清潔感にあふれていて、とてもキレイ。

ちなみに、中は、カウンター8席、テーブル12席程度で、
2人〜4人くらいの利用が良さそう。

また、店員さんの応対もとても良く、
料理の説明も大変丁寧だし、
ランチ時でお忙しかったと思うが、
写真撮影にも快く応じてくれた。

いかがでしたでしょうか?
金沢は、寿司店がたくさんあります。
どこ行こうか悩んだら、ぜひこのお店はオススメです。

また、休日に旅行等で行くと、人気店始め、どのお店も行列ができてます。
寒い時期に外で並ぶのは結構辛いので、ここは事前に予約して入るのが良いでしょう。

最後に、今回はランチ利用でしたが、他の握りも気になったのと、
カウンター好きとしては、やはりカウンター席に座りたい(今回は大勢だったので、テーブル席でした。)ので、
次回、金沢に訪れた際は、夜も行きたいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました。
では、また!

  • title
  • 岸本 圭介(キシモト ケイスケ)

    生年:1985年 住処:大阪府出身→東京都在住 属性:IT関連企業→広告代理店の人(+個人のお仕事複数) 幸福:美味しい食に出会えたときに感じます。(そして隣に...

  • 合計Point: 1084028
  • title

    title

岸本 圭介(キシモト ケイスケ)のTERIYAKIコラム全てのコラムを見る

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!