園山まきえ

園山まきえ
食陰陽師・食作家・「そのやま」店主

高ウマ

温故知新な蕎麦店、恵比寿に誕生。

夕星(ユウヅツ) 東京都

そば・うどん

キュレーターコメント

『夕星』という店名は、宵の明星を意味しているとのこと。そんなロマンチックな意味合いと、フランステイストが伝統的日本芸術と入り混じったハイブリッドな店内は、オーナーである藤井由美氏の発想によるもの。椅子や食器だけでなく、なんとメニューには、代官山フレンチ『レザンファン ギャテ』のシェフが、こちらの蕎麦に合わせて作ったという「フォアグラの三五八テリーヌ」なる逸品が存在する。塩・米麹・米を3:5:8の割合で混ぜ合わせた麹床にフォアグラを漬けたものと、お米の研ぎ汁で炊いた大根・山葵の茎の醤油漬け・胡桃のコンソメゼリー寄せの3種が層になったテリーヌである。これがまたキリッと冷えた辛口タイプの日本酒に合うのなんのって。他にも、蕎麦屋定番のだし巻き卵や、山葵漬け、数種天ぷら(蕎麦の実入り塩と共に)、にしんの棒煮、板わさ等々、ほっと落ちつく日本ならではの一品ものも充実。無論、主役の蕎麦も抜かりがない。蕎麦の名店で修行なさったという料理長が、茨城の契約農家から仕入れた蕎麦粉(常陸秋蕎麦)を、毎日、石臼で丁寧に挽いて仕上げられる。全て十割蕎麦で、細挽きと粗挽き甘皮があり、その2点盛りもおススメ。細挽きは、十割なのに、ボソボソ感もなく、コシがありツルツル。やや太めの粗挽きは、蕎麦の甘みが際立ち、歯ごたえ満点で、噛めば噛むほど旨みも出てくる。蕎麦屋の域をこえた日仏融合の新進気鋭蕎麦屋だが、基本中の基本の蕎麦に魂と愛がしっかり感じられるゆえ、また一つ、そばにいてほしい蕎麦屋リストに君臨した。蕎麦にうるさい蕎麦ツウもきっと金星を付けるはず。

店舗情報

夕星(ユウヅツ)

そば・うどん 東京都渋谷区恵比寿西1-30-13 グリーンヒル代官山 1F
平均予算

[昼]¥2,000~ [夜]¥4,000~

営業時間

[火-土] 12:00-14:30 17:30-21:30 [日・祝日] 12:00-14:30 17:30-20:30

定休日 月曜日
リンク http://bit.ly/30pdEQV
電話番号 0364551200
経路案内 車での道順 電車での道順 徒歩での道順
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!