GOETHE 編集部

GOETHE 編集部
幻冬舎月刊誌 GOETHE ゲーテ

高ウマ

日本酒の多面性、奥深さを実感する愉しみ

ふしきの 東京都

和食

キュレーターコメント

「酒の味は造りが8割。あとは飲み手に委ねられていますから蔵の想いをいかに魅力的に伝えるか、責任重大」と店主の宮下祐輔さん。日本酒は冷酒から燗酒までと、ワインより温度帯の幅が広い。器の形状しだいで味わいも劇的に変わる。「ペアリングは、酒と料理どちらもおいしくなることが大前提。そこを狙わないなら、好きな銘柄を好きに飲んでいただいたほうが満足度は高いですよね」 つまり、酒の好みを超えたところでの勝負。にこやかに接客している宮下さんだが、舞台裏では真剣。料理をさっぱりさせたいのか、食材のクセを包みこんで食べやすくするのか、逆にクセのある酒を飲みやすくするのか......。どうしたら一番おいしく感じられるのかをお客の好みや反応も見ながら、酒質、温度、器を料理の味わいとピタリと合わせてくるのがこの店の醍醐味ならではだ。

店舗情報

ふしきの

和食 東京都新宿区神楽坂4-3-11 神楽坂つなしょうテラス 2F
平均予算

¥15,000~

営業時間

19:00-23:00 21:00-24:00(L.O)

定休日 日曜・祝日
ウェブサイト http://www.fushikino.com/
リンク https://bit.ly/2lwJ59C
Facebookページ https://www.facebook.com/kagurazaka.f...
Instagramページ https://www.instagram.com/fushikino.k...
電話番号 0332694556
経路案内 車での道順 電車での道順 徒歩での道順
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!