GOETHE 編集部

GOETHE 編集部
幻冬舎月刊誌 GOETHE ゲーテ

高ウマ

〝香り〞を纏まとい進化した炙り鮨

銀座いち分 東京都

寿司

キュレーターコメント

「〝香り〞は美味しさの大切な要素であり、エンタテインメント。鮨はそこが弱いので、炭火焼きを取り入れました。伝統は残しつつも、柔軟な考えで進化させていきたい」とは、店主の小川武士氏。昨年6月にオープンした新店では正統派の握りに加え、炙り鮨にも力を入れている。苦心しながらも使いこなす豊ぶん後ご備長炭は大きくて火持ちがよく、温度も600度と高い。中から火が入るので、焦げが苦くなるバーナーと違い軽さと旨さが特徴だ。 例えば、余分な水分を飛ばして旨味を凝縮させたレンコンの海老すり身詰め、藁でスモークして皮目を炙った金目鯛と、柔らかく炊いて炭火焼きした穴子の握りは悶絶もの。大トロを炙ったマグロのカルビ焼きなる裏メニューもそそられる。 銀座エリアでも小こ体ていな店が多い昭和通り向こう。営業は1回転のみ。価格も良心的で、来店頻度は高まりそうだ。

店舗情報

銀座いち分

寿司 東京都中央区銀座2-13-19 銀座アルカビル 1F
平均予算

[昼]¥15,000~ [夜]¥20,000~

営業時間

12:00-15:00 18:00-22:00

定休日 不定休
リンク https://bit.ly/2MhE9AE
Facebookページ http://bit.ly/2Qlu343
電話番号 0362606644
経路案内 車での道順 電車での道順 徒歩での道順
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!