浜田 岳文

浜田 岳文
投資家・旅人

高ウマ

スイスを代表する、現代的料理の名店。

Schauenstein Schloss Restaurant Hotel ヴァルス

旅館・ホテル

キュレーターコメント

スイスを代表する、現代的料理の名店。ミシュラン三つ星、ゴー・ミヨー19点、そして2017年度世界のベストレストラン50にて、第72位にランクイン。シェフのアンドレアス・カミナダ(Andreas Caminada)とは、5月にパリで開催されたOADのイベントで会って以来。素朴な郷土料理を再構築した一品に興味を惹かれ、今回訪問することとなった。Schloss=城と名がつく通り、12世紀に建てられた小さな城にレストランと6部屋の宿泊施設が併設された、オーベルジュ。建物は緑に包まれており、道路を挟んで反対側にも広がる庭も美しい。メニューは、アラカルトとコースから成る。コースは、3皿から6皿まで皿数を選ぶシステムで、更にエクストラでサプライズの皿を追加することができる。今回は6皿のコースを選択。供される料理の説明を記したカードが都度配られ、集めたカードが持ち帰り可能なメニューとなる趣向は、ウィーン「Steirereck」以来。ゲストによって皿数が異なるため、合理的なシステム。最初のアミューズから、精密で完成度の高い佳作が続く。一口で食べきってしまうスナックは何気なく通り過ぎてしまいがちだが、口に入れるたびにはっとさせられるのは流石。しかも、それを珍しい食材やプレゼンテーションの妙で成し遂げるのではなく、何の変哲も無いスタンダードな食材の組み合わせで印象に残ることに成功している。使用している食材は、ほぼ全て近隣のもの。まさに、テロワールを表現した料理。その中でも、肉はリドボーと豚肉、魚は淡水魚のみと、シェフの強い意志が感じられる。スイス人にとって、豚肉や淡水魚はどちらかというと庶民的なビストロで登場するもので、高級レストランでは牛肉や羊肉、海の幸を期待する向きが多いそう。席数が少なく、海外を中心とした食を目的とする客層で予約が埋まるからこそできる、先鋭的な試み。伝統的に高級とされる食材を使わずとも、説得力があって満足感が得られる料理が可能であることをアンドレアスが実証している。そこにしか無い食を求めてどこまでも旅することを厭わない方にとって、訪れるべき一軒。

店舗情報

Schauenstein Schloss Restaurant Hotel

旅館・ホテル Schlossgass 77 | 7414 Fuerstenau, Fuerstenaubruck 7414, Switzerland
平均予算

CHF220~

営業時間

[火] 12:00- [水-日] 12:00- 19:00-

定休日 月曜
ウェブサイト http://www.schauenstein.ch/
リンク https://bit.ly/2lPkmgO
Facebookページ https://bit.ly/2MD9cqI
電話番号 41816321080
経路案内 車での道順 電車での道順 徒歩での道順
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!