浜田 岳文

浜田 岳文
投資家・旅人

高ウマ

最も良い鮪が入る数少ない一軒

なか條 神奈川県

寿司

キュレーターコメント

元町『寿司割烹 清川』について初めて知ったのは、かれこれ5年ほど前。通っている京都のお鮨屋さんから、仲卸『山幸』の最も良い鮪が入る数少ない一軒、と聞いた。それ以来ずっと気になっていたが、関内に移転して『なか條』として生まれ変わり、初めて伺うことができた。 当店の看板の鮪は、この時期ならではの定置物。フレッシュ感があり、旨味はあるのだが強過ぎず、食べていて疲れない。脂も軽やかで、何貫でも食べられそう。実際、一通り頂いた後、お代わりした。冬の大間の鮪とは全く異なるベクトルの良さがある。 その鮪に勝るとも劣らず、他のネタも素晴らしかった。鮑、鳥貝、鯨、鰻などが印象的だったが、何と言っても蝦蛄。東南アジアのロブスターを思わせる蝦蛄と異なり、日本の蝦蛄は小ぶりだが、身が柔らかく臭みを感じることが多い。こちらは小さいのにぷりぷりした食感で、雑味がない。唐墨蝦蛄だと身がいまいちでも卵の部分を楽しめるが、身がこれほど美味しいと感じたのは初めて。 どのネタにも共通しているのが、雑味がないこと。魚臭さが感じられない。私は小さい頃鮨や刺身が苦手だったが、今から思えばそれは本当に美味しい生魚を食べる機会がなかったから。大人になってちゃんとした鮨に出会って好物になったが、今でも生臭さには敏感な性質だと思う。そんな私が思うに、当店の鮨は魚に魚介が苦手な人でも食べられそう。 東京のトップクラスの名店に比肩する鮨を供しているにもかかわらず、横浜という立地もあってか、数ヶ月先まで満席という事態には今のところなっていない。他の席は皆さんつまみに合わせて飲むのがメインで、握りは数貫のみと、鮨好きが連日押し寄せる東京の有名店とは対照的な雰囲気。美味しい寿司のためには横浜まで往復することも厭わない、という方にお勧めしたい、穴場的存在の一軒。

店舗情報

なか條

寿司 神奈川県横浜市中区住吉町3-29 関内住吉ビル 1F
平均予算

¥30,000~

営業時間

[月-日] 17:30-22:30 [第2・4日曜日] 17:30-21:00

定休日 第1・3・5日曜日(お盆・正月・GWは休業)
ウェブサイト http://www.kannai-nakajo.jp/
リンク http://bit.ly/2zo0Jnz
電話番号 0456719300
経路案内 車での道順 電車での道順 徒歩での道順
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!