門上 武司

門上 武司
「あまから手帖」編集顧問 フードコラムニスト

安ウマ

鉄板を使う焼肉スタイル

鉄板焼 京都 梅しん(ウメシン) 京都府

焼き肉・韓国料理

キュレーターコメント

鉄板を使う焼肉スタイル。今回は熊本の「和王」というブランド牛が主体だという。この「和王」の名前は、堺の焼肉店「おさむちゃん」で聞いたことがある。これからどう展開してゆくのか、楽しみである。 ● キムチ10種類盛り合わせ オーナーの母親が先代から引き継いだ味で三代続く。白菜、大根、胡瓜、キャベツ、ごぼう、山芋、セロリ、らっきょ、トマト、ブロッコリー。キムチは素材の味わいをどこまで生かし、かつキムチとしての意味合いをいかに感じさせるか、そのバランスの妙である。その塩梅がうまくいっているキムチであった。 ●炙り3種類 右から炙りユッケ、炙りハツ、炙りレバー。ごま油とともに食べる炙りレバーの甘味は素材の良さを感じる。 ●梅しん特製サラダ 細切りの海苔とゆで卵の出会い。 ●上タン これは火入れが問題。タンが汗をかいてくるとひっくり返し、両面炙ってレモンで食べる。これは焼き方によって味わいが異なる。どうも僕は浅いタイプのようだ。 ● 特上焼きしゃぶ これはさっと炙って食べる。タレの味わいもプラス、脂分の甘味を生かす。 ●ホルモン3種(テールの薄切り・ツラミ・アカセン) テールはしっかり焼いて塩をふり手で掴んで食べる。これが王道だと思う。 アカセンはジュルジュルをどこまで焼くか。 ●名代 牛ホルモン丼 これは丼グランプリ金賞作で鉄板のうまさだ。ホルモンとタレの合わせが見事だ ●梅しん特製 ホルモン焼きそば 焼きそばは、このホルモンに合うように「麺屋棣鄂」が作ったもの。細麺だが、これがじつにうまくできている。これはクセになる味わいだ。 ●わらび餅

店舗情報

鉄板焼 京都 梅しん(ウメシン)

焼き肉・韓国料理 京都府京都市下京区善長寺町139 AMI四条烏丸 B1F
平均予算

¥4,000~

営業時間

[月-土] 11:30-14:00(L.O.13:30) 17:00-22:00(L.O.21:30) [日.祝] 12:30-21:00(L.O.20:30)

定休日 水曜日
リンク https://bit.ly/2KiXuEa
経路案内 車での道順 電車での道順 徒歩での道順
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!