門上 武司

門上 武司
「あまから手帖」編集顧問 フードコラムニスト

高ウマ

大将の言葉に従って正解

割烹市川 京都府

割烹

キュレーターコメント

これまでの”割烹”とは、「カウンターがあり、そこで料理人と話しながら献立を決めてゆく」という定義があった。しかし、今日の割烹と評される店のほとんどはコースというのが現状。もちろん、単品を出す店も少しずつだが増えている。とはいえ、素材の名前だけが書いてあり、調理方を相談しながら献立を決めてゆく姿は見当たらない。『割烹 市川』の前には『クレメンティア』というイタリアンがあった。その床のタイルが高価でかつ日本料理にもフィットするので、床材だけは残し、あとは改造したのだ。単品注文は、久しぶりだ。分量の調整はなかなか難しいとも感じた。イチオシは「カツオの造り」。大将の「ええカツオ入ってます」との言葉に従って正解。鉄分の香りと味わいが豊潤で、一口ごとに味わいが増してゆくのが嬉しい。また締めには「煮穴子の手巻き」。これでしっかり満腹感を覚える。

店舗情報

割烹市川

割烹 京都府京都市中京区夷町572
平均予算

¥8,000~

営業時間

17:30-23:00

定休日 木曜日
リンク http://bit.ly/2IFzsA8
Facebookページ http://bit.ly/2yfgbRm
Instagramページ http://bit.ly/2BUv9zD
電話番号 0752233232
経路案内 車での道順 電車での道順 徒歩での道順
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

テリヤキをサクサク見るなら
アプリがおすすめ!